年賀状の習慣

12月25日と言えばクリスマスですが、私にとっては年賀状を出す期限にしかうつりません。
仕事柄年賀状を出すのがマストなわけでして。
あちらからは来て、こちらから送っていないという状況にならないように、微妙な関係の人にも年賀状は送るようにしています。

でもコチラが送ってもあちらは送ってくれないことも多いわけで。
そんな時は労力が無駄になってしまったなぁ、とちょっとゲンナリすることもあります。
今年の年賀状の数はおそらく200枚弱。長く生きているとこの数だけが増加しています。

ま、私は相当送っている方でしょう。時代遅れだと思われている可能性も大ですが、まだ送るのを辞めるつもりはない。
習慣なんですよね、年賀状は。若い人が送らないのもそれまた習慣。
身に染み付いた習慣ってのはなかなか辞めることは出来ないのです。むしろ辞めるとストレスになるから無理というわけで。

年賀状ってのは日本だけの習慣なんですかね?
グリーティングカードってのは聞いたことあるけどさ。正月って概念が日本と中国って感じだからね。
他の国では別の時期にやっているのかもしれない。

ネットが発達してLINEとかでの年始挨拶も良いけど、私は年賀状を続けて参ります。