大阪都構想の住民投票結果は残念でした

住民による選挙の結果ですからね、まぁ仕方ないのですが。
でも大阪都が実現した方が大阪が活性化しただろうなぁ。
未来の可能性が閉ざされてしまったような気がする人は僕だけじゃないでしょう。

確かに大きな変化なので不安のある住民の人も多かったでしょう。
70代以上の人の反対が多かったそうですが気持ちはわかります。
敬老パス廃止なんかがチラついていたら反対する人が多いのは仕方がないことでしょう。

ですが、60代以下の層は賛成が過半数を超えていたのにこの結果というのはちょいと納得がいきません。
世代間の人口差のねじれみたいなことが表面化したのでしょうがね。
こういう状況ならば若者が選挙に行かないのもわかりますよ。

同頑張っても世代間の人口差ってのは変えられない事実なのですから。

これからは益々東京に人やお金が集まっちゃうかもしれないなぁ。
あんまり一極化はメリットないと思うんだけど、東京が魅力的なのもわかる。
都構想で大阪が東京に匹敵するほどの都市に成長してほしかった人はいっぱいいると思います。

だけど変化には目先の苦労も必要な訳で。。
その辺の折り合いが今回はつかなかったのでしょうね。

橋下さんの進退が気になるけど、また政治の世界で活躍してほしいものです。日本にとって非常に貴重な人材でしょうから。